知っておきたい基本的なホームページの作り方

パーツが集まってプログラムが機能します

誰もが知っているプラモデルは、個々のパーツは単調ですが、繋ぎ合わせる事でたくさんの表現ができます。ホームページを表わすためのプログラミング言語もそれぞれが、パーツの様なもので、そのパーツが結集した状態、と言えます。全体の構図が難解そうに見えても、それぞれのパーツの役回りを、理解できる事によって、表現法が分かります。このパーツはタグと呼ばれており、ホームページ作成上、重要な意味を持ちますので理解しておくことが大切です。

ヘッダーとボディーは基礎的な部分です

ホームページを制作するには、ヘッダーとボディーの二つを把握しておかなければなりません。ヘッダーに入れるタグは、ホームページのタイトルといった基礎的な情報そのものになります。検索エンジンの結果に、掲載される説明文についてもこちらのヘッダー内に入れる事になります。ボディーには、現実的にホームページに表示される中身を記します。ホームページの作成ソフトのほとんどの場合、前もってこの二つが記載されています。

閲覧者に配慮した構成を考えましょう

ホームページは好みのサイズの文字が実現できますが、読む側にとって見えづらい内容となってしまうこともあります。簡単に説明しますと、見出しが小さくそして、主な部分が大きいのなら把握しづらい中身になります。本などの文字の大きさは、タイトルが大きく、見出しは小さく、本文は見出しに比べてさらに小さく扱う事が一般的な方法です。ホームページを制作するケースでは、読む側の事を想定して作り上げて行く事が必要不可欠であると言えます。

企業の一押し商品や、自分のお店の目玉である品物を魅力的にいち早く伝える情報手段がホームページ制作です