初めが肝心!?新入社員の研修方法について

社会人のマナーを覚えさせる

新入社員研修の中で一番重要なのは、社員に対して徹底的にマナーを覚えさせることです。学生時代とは違って、様々な人々と交流を持つことになる社会人生活においては、礼儀作法が一番大事であるということを一から研修していきましょう。会社に入って間もない頃にはまだ学生気分が抜け切らないという社員も多くいますから、そうした気持ちを正すためにもまず最初に厳しく研修を行って、仕事人としての意識を植え付けることも大事です。

研修はできるだけ長い目で見るのが大事

入って間もない頃の社員は緊張感のため、なかなかうまく業務ができないこともあります。緊張やプレッシャーなどをうまく緩和させてあげてできるだけ早く仕事が出来るように教育していくのも社員研修を行う上では重要ですから、即戦力を求める企業も人材育成に重きをおいている企業も、長い目で見てあげることにしましょう。長い目で見て研修を行っていけば、研修が終わる頃には立派に業務をこなせるようになるので、新入社員研修には飴と鞭が必要です。

研修できる人材がいないなら外部の講師を招く

新入社員研修で研修できる人材がいない企業の場合には、外部の講師を招いたり社員研修の外注業者に委託するのが良いでしょう。これまでに何人もの新社会人の研修を行ってきた経験がある業者ならば、社員一人ひとりの性格をよくチェックしながら研修をすすめてくれます。自社で行うよりも効果が見込めることもありますから、効果の高い研修方法を選ぶ場合や、社員人数の少ない企業なら、新入社員研修を外部委託してみるのも便利です。

社員研修とは企業が雇用している社員に対しての教育を指します。新人に行う新人研修、スキルアップ研修、マネジメント研修など目的に応じて行われ、研修を専門に開催する外部の企業に依頼する場合もあります。