子供の安全を守る!!ソーシャルネットワークサービスにおけるネット誹謗中傷対策

ソーシャルネットワークサービスについて

ソーシャルネットワークサービスは便利なツールの一つであり、コミュニケーションを取る上では手軽でメリットも多くあると言えます。大人のみならず子供もスマートフォンを持つ世の中であり、これらのソーシャルネットワークサービスを活用して、コミュニケーションを取っている場合も多いでしょう。便利なツールではあるでしょうが、これが問題を引き起こす事もあり心が成熟していない子供にとっては、危険な状態になる事もあるかもしれません。

誹謗中傷が命の危険性を招く

ソーシャルネットワークサービス上でのネット誹謗中傷においては、拡散する危険性もあり一人の者を複数で攻めたり、根も葉もない噂を撒き散らすような事もできるため、状況を悪化させていく可能性もあるものです。友達の力関係にもよりますが収拾がつかなくなる事もあり、人によっては心に大きな負担をかける事もあるでしょう。これが精神的に限界に達してしまい最悪の結果を招く事もあり、命の危険性さえある危険なツールに発展します。

親などが子供を守るために

子供にもプライバシーはあると言えますが、子供同士の未成熟な状態で自由に表現できるツールを使いこなすのは危うい事もあるため、ある程度の管理は必要です。子供を危険から守るためにも、子供のソーシャルネットワークサービス上での会話を見る事のできるアプリなどを活用すると良いと言えます。アプリの中には危険なワードなどが表示された場合だけ連絡が親にいくように設定できるものもあり、一定のプライバシーは守れるため活用しやすいでしょう。

近年SEO対策という言葉は一般的になってきています。また、検索したワードに関連の強い語句を予測して表示するサジェスト機能を利用したサジェスト対策も同じように重要な対策です。