子供向けのパソコンは存在しない?子供にパソコンをねだられたら

子供でも大人が使っているものと同じPCを使う

子供がパソコンをほしいというので買い与えたい場合、どういったものを選べばいいのでしょうか。まず、基本的にパソコンには子供用というものは存在していないため、大人が使っているのと同じものを購入する必要があります。なぜ子供用パソコンがないのかというと、ハードウェアではなくソフトウェアで実現可能だからです。つまり、OSの設定を変えたり、アプリケーションソフトをインストールすることで、子供でも簡単に使えるようにできるため、わざわざ子供向けのパソコンを作る必要がないのです。

用途によっては10年前の中古でも充分

では、具体的にどのような機種がいいのかというと、ネットでウェブサイトを見たい、プログラミングの勉強をしたいという程度であれば、10年前の中古でも充分使えます。最近の機種と比べるとデザイン性は劣りますが、スマートフォンと違い、外に持ち出して人前で使うものではないので、子供もそれほど気にならない可能性が高いでしょう。最新のPCゲームをプレイしたいという用途の場合は、最新スペックのPCが必要になることもありますが、この場合は10万円を超えてしまうので慎重に判断すべきです。

タブレットはPCの代用になるか?

では、パソコンだと場所を取るし、電気代も高そうなので、パソコンの代わりにタブレットを買い与えるというのはありでしょうか。これは、子供に「なぜパソコンがほしいのか」を聞いてから判断しましょう。単にネットを使いたいというだけなら、特定のソフトウェアを利用したいという場合は、タブレットではそのソフトは動かない可能性もあります。基本的にパソコンとタブレットのOSは違うので、インストールできるソフト、アプリはまったく別物と考えた方がいいです。

パソコンの起動時間にストレスを感じている人は、SSDがオススメです。起動時間だけでなく、通常の作業においてもデータの読み書きが速く、作業効率も大変良くなります。