お得かどうかを見極めよう!LED照明にする3つのメリット

LED照明なら電気代がお得

初期費用はかかるものの、一度LED照明に変えてしまえば電気代がグッと下がります。一般的なLED電球と白熱電球を比較してみると、その消費電力は4分の1から5分の1と言われています。簡単に言えばLED照明に切り替えるだけで電気代が5分の1程度まで減少するわけです。従来の電気代が4000円であれば800円まで減少。長く使うことを前提とすればかなりお得だと思います。電気代が安いので気軽に証明をつけられるのもいいですね。

交換の手間が一気に減る

従来の白熱灯の寿命が3から6か月、電球型蛍光灯の寿命が3年半くらいだったのに対して、LEDは約11年の寿命を持っています。そのため、交換の手間がほぼありません。11年に1回。人生の中で10回も交換する機会がないわけです。こんな頻度だと付け替え方を忘れてしまいそうですね。そもそもその頃にはもっと進化した照明が登場しているかもしれません。とにかく交換の手間が少ないのはいいことでしょう。1人暮らしのご老人などにもおすすめです。

LEDは赤外線や紫外線がほぼ含まれない

LED照明には赤外線がほぼ含まれず、長時間照射しても熱くならない特徴があります。従来の電球は少し照射しただけで強い熱を持っていたのに対して、LEDは照射部部が熱くならないわけです。ただ、LEDの埋め込まれている基盤部分は発熱します。また、LED照明には紫外線もほぼ含まれません。そのため、部屋に置いてある芸術品などの劣化をある程度防ぐことができます。コレクションルームなどはLEDに切り替えて物の劣化を防ぐといいでしょう。

ledパネルは従来品に比べて非常に寿命が長く、衝撃に対しても強い耐性を持ちます。たとえば人通りが激しい繁華街に設置しても、問題なく機能を発揮し続けられるため経済的です。